法人・非営利団体との協業

探している才能(タレント)との出会いの場

決まりきったプロセスを打破して人事活動をしたいと模索している企業は、年々増えるばかりです。

  • 正社員の新卒採用・中途採用
  • 契約社員・パート・アルバイト等の採用
  • ジョブ型雇用への転換
  • 協力会社・個人事業主とのパートナーシップ締結

キューブカフェは、参加者本人の好奇心を大切にしながら、さまざまな活動を通じて個人と個人のつながりを自然に育む環境を提供しています。

  • 好きなことを見つける(専門分野をつくる)
  • 知識(理論)や技術(実践)を深める
  • 世代を超えたコミュニケーションから、ビジネスにも通じる人間性(自立心・実行力・忍耐力・倫理・道徳)を身につける
  • 社会における公平性について考え、実践する

仕事をする上で重要なのは知識や業務経験だけではなく、人間性も含めたトータルバランスに優れた人格が要求されます。優れた人格を持った個性は、企業や団体においても高い価値のあるメンバーとして活躍することができます。

個性との出会いと相互理解

現代において価値ある採用は「会社側からの一方的なもの」ではなく、「互いに認め合う関係」から生まれます。

企業がキューブカフェに関わるということは、実際にキューブカフェに集う人たちと同じ目線でかかわり合うことからスタートします。

書類選考や限られた時間での面接では得られない、相互理解のための場です。

まずは仕事抜きでじっくりと相手を知ることで、互いの人間性や哲学が見えてきます。

そこで「この人と共に働きたい」と感じる相手がいれば、自然とそのような流れになるでしょう。企業の未来を見据えた人事のあり方を模索なさっているのであれば、ぜひキューブカフェにお越しください。

業務で使うITシステムのご相談

システムインテグレータやソフトウェアベンダーに支払っている金額は、いくらでしょうか。その金額に見合う価値あるシステムを手にしていらっしゃいますか。また、そのシステム会社は、あなたの会社のことを親身に知り尽くして、個々の会社に対してベストな解決策を提案できているでしょうか。

長年のIT業界における経験から、上記のようなことが実現できているケースはごく稀であることを知っています。業務に関するITの課題にも、しっかりと向き合って対応できるメンバーが揃っています。

行政・公共団体との協業

高齢者福祉の一環として

わたしたちの福祉モデルは、少し変わっているかもしれません。キューブカフェの担当できる範囲は、高齢者の皆さんのQoL(クオリティ・オブ・ライフ、生活の質)を向上させて、生きがいを通じて心の健康が得られる場を提供することです。

ITを通じて、社会の第一線を引退なさっている高齢者の方と、次のように関わり合っています。

  • ともにITを学ぶことで、楽しく脳の体操ができる
  • 若い世代のチャレンジを目の当たりにして、できる範囲でアドバイスができる
  • 人生に悩む若者たちに寄り添うことで、彼らが人生の道標を見つけるきっかけを手助けできる
  • 現役時代の知識や経験を、若者たちと共有できる

上記のような内容は、高齢者だけのメリットではありません。若者たちもまた、高齢者になった皆さんの人生哲学・経験・知識を必要としています。

自立支援

キューブカフェで起きる「自立への提案」は、プログラムやセミナーではなく、個人と向き合う具体的なものです。

  • 人と人の心ある付き合いを通じて性格、環境、悩みを知ることができるからこそ言える「だったら、こうしたらいいんじゃない?」という提案。
  • 前に踏み出せない人を支える環境
  • さまざまな実体験、当事者経験を乗り越えて生きてきた人たちから得られるアドバイス

外部でのトレーニング・セミナー・システム開発

地域で活動している団体や企業などの組織に対して、ITとより効果的に付き合っていくためのトレーニングやセミナーを承っております。また、必要に応じて新たなシステムのご提案も可能です。地域をよくしていきたいという共通の想いがあるからこそ実現できる、心の通じたITのサービス提供が可能です。

教育機関との協業

キューブカフェは、次のような機関とのかかわりあいを想定しています。

  • 地元の小中学校、高校
  • 大学
  • 研究機関
  • 地域の生涯学習プログラム
  • 放課後デイサービス、寺子屋、塾、学童

キューブカフェはITに強い人が集まる場ですが、IT以外にも様々な経験をもつ人が集まる場所です。